• このエントリーをはてなブックマークに追加

ツヤツヤの髪をつくる

髪のケアどうしていますか。
昔から「髪は女の命」と言い、女性にとって大切なポイントです。
美容に気を使う女性にとって、肌のケアと同じように髪のケアも大切です。
髪にとって一番大切なのは水分です。
水分がなくなってしまえば髪はパサパサになってしまいます。
適度な潤いを保つことによってツヤツヤした理想的な髪を手に入れることができます。
では、水分を逃がさないための効果的なケアについて考えてみましょう。
まず、現在の髪の状態を把握しましょう。
カラーやブリーチなどで髪色を変えている方やパーマをかけている方と何もしていない方ではダメージ状況が異なります。
当然、ダメージが激しい方ほどしっかりとしたケアが必要です。
次に洗い方について考えます。
髪を洗う前の準備として、しっかりとブラッシングしましょう。
ブラッシングすることで汚れや埃が浮き、洗い流しやすくなります。
ブラッシングを終えたら次はお湯で充分に濡らします。
事前に濡らしておくことでシャンプーをつけて洗った際の摩擦を減らすことができます。
充分に濡らすことができたら次はシャンプーです。
シャンプーは500円玉程度の量を手にとり、手のひらで充分に泡立ててから髪へ載せましょう。
手のひらだけで上手く泡立たない場合はネットなどを利用すると簡単に泡立てることができます。
泡立てたシャンプーで髪全体を優しく洗います。
この際、爪で頭皮を傷つけないように注意します。
全体を洗うことができたらしっかりと濯ぎます。
この際、シャンプーを使用した時間の倍程度を目安に濯ぎましょう。
次にコンディショナーです。
コンディショナーは直接頭皮につかないように気をつけながら揉みこむようにして髪全体になじませます。
コンディショナーを全体に馴染ませたら、シャワーキャップやラップを使って10分程度を目安に蒸らすとより効果を得ることができます。
蒸らし終わったら、シャンプー同様しっかりと濯ぎましょう。
濯ぎが終わったらタオルドライです。
厚手のタオルを使用して髪全体をタオルで挟むようにしてしっかりと水気をとります。
この際、タオルで髪をこすらないように注意しましょう。
タオルでしっかり水気を抑えたらドライヤーです。
髪は熱に弱いため、ドライヤーによって大きなダメージを受ける場合があります。
とはいえ、濡れたままにしておくと一層ダメージが増すため、乾かすことは大切です。
ドライヤー用の洗い流さないトリートメントを利用したり、冷風モードでゆっくり乾かすことでダメージを抑えることができます。
正しくケアしてツヤツヤの髪を目指しましょう。

話題になっている美容についての話は便利なココで情報収集しましょう

Copyright (C)2017必見!美容に良い生活習慣.All rights reserved.