• このエントリーをはてなブックマークに追加

指先をケアする

日常の動作の中で意外と見られている箇所が指先です。
たとえば、名刺交換をする際や書類の受け渡しをする際、キーボードを打っている際、レジでお会計をする際など、特に手に持った物を受け渡しする際には意外に相手から注目されているものです。
ステキな服を着てキレイなアクセサリーを身に着け、メイクもバッチリなのに指先が荒れていたら、それだけでマイナスの印象を与えてしまうこともあります。
毎日の美容にかける時間を少し延長して指先のケアもしてみてはいかがでしょうか。
指先のケアをしてみようと思ったら、まずは、日々の生活の中で少し気をつけることからスタートしましょう。
外から帰った時やお手洗いの後、キッチンでの水仕事の後など水を使った後には必ずハンドクリームを塗りましょう。
ハンドクリームを使うことで手のうるおいを保てますし張りも出ます。
引出しにしまってあるハンドクリームを使おうと思っている方は、いつごろ購入したものか確認しましょう。
あまり古いものですと、逆に手荒れを起こしてしまう可能性もあるので、この機会に自分の肌に合った新しいハンドクリームを探して新たに購入しましょう。
日常生活で保湿をしっかり行ったら、次はささくれ(さかむけ)や甘皮のケアです。
ささくれ(さかむけ)は剥いたりせずに根元の部分からハサミで切って消毒しましょう。
甘皮は専用のケア用品を使用して無理の内容にはがしましょう。
甘皮のケアは上手に行わないと怪我をする場合がありますので充分に注意が必要です。
セルフケアに不安があるようであれば、プロにお任せすることをおススメします。
たいていのネイルサロンではネイルアートなどだけでなく、ベースケアも行っていますので利用してみると良いでしょう。
ベースケアで受けることができる内容はネイルサロンによって多少異なりますが、多くの場合は、洗浄、甘皮の処理、角質の処理、爪の長さや形を整えるファイリング、爪の凹凸を整えるバッフィング、ハンドマッサージなどです。
料金体系もネイルサロンによって異なりますが、だいたい3,000円〜5,000円程度で受けることが可能です。
ネイルサロンは大きなモチーフを使って派手な仕上がりになりそうというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際には、ネイルサロンにはベースケアをはじめとして、割れた爪の補修や、パック、自宅で簡単に落とすことのできるマニキュアによるカラーリングなども行っています。
一度、プロのケアを体験してみるのも楽しいですよ。
Copyright (C)2017必見!美容に良い生活習慣.All rights reserved.